電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

一般歯科

お悩みやご希望については、
遠慮なさらずご相談ください

むし歯治療

画像

「南方周辺から大阪市淀川区の住民や在学・在勤の方々に愛される歯医者でありたい」当院ではそうした目標を掲げながら、一般歯科の診療に奮闘しております。

昔から歯医者へのリクエストがいちばん多い治療といえば虫歯ですが、当院では、初期段階の治療から根管治療まですべての過程において、「苦痛の少ない治療」「今ある歯や歯槽を大事にする治療」を実施しております。お悩みやご希望については、遠慮なさらずご相談いただきたいと思っております。

痛みとも苦しみとも無縁な方法で、虫歯を治療するために

南方周辺から大阪市淀川区の皆様に「無痛の虫歯治療」を実現できる歯科医院になるために、数々の機材やテクニックを用いております。

表面麻酔

画像

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。
それを緩和させるために、当院では打つ前にゲル状の麻酔液をまんべんなく患部に塗布しています。

極細の注射針(33G)

画像

針が太いと、感じられる痛みも強まる可能性が出てきます。
そこで当院では、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。

麻酔剤の加温

画像

麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じられてしまいます。そこで当院では、体温とほぼ同じ温度に麻酔剤を温める道具を取り入れて、1年を通じて適温で麻酔剤を投与できるようにしています(冬場でも心配ありません)。

電動麻酔注射

画像

人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、何かとリスクがあります。
しかし当院の注射は手動ではなく電動です。精密な機械を用いていますから、いつでもゆっくりと正確に投与することが可能となります。

歯が残り、虫歯の再発を防げる治療をするために

画像

南方駅周辺・淀川区の皆様には、ただ「虫歯を削ったりかぶせたりして終わり」の歯医者では、もはや現代では不充分だということにお気づきいただきたい、そのように当院では考えております。南方駅周辺にもたくさんの歯科医院があるようですが、その中で当院が目指しているのは、「今ある歯をなるべく削らない治療」そして「なるべく歯を温存する治療」です。

虫歯ができると、患部を削ってから詰め物やかぶせ物で患部を覆うことがほとんどです。しかしきれいに覆えても、完璧にガードできるわけではありません。時間が経つとわずかな隙間から雑菌が侵入していきます。それにまた虫歯の症状が進行したときは、もっと歯を削ることになります。最終的には削る部分もなくなり、抜くしかなくなってしまいます。

当院では以下の機材を頻繁に利用することで、「正確に患部を見つけ、正確に必要な部分だけを削る治療」を実現しています。

歯科用の拡大ルーペ(サージテル)

画像

肉眼で細部を正確に見ようと思っても限度があります。それよりも視野を数倍拡大できるルーペを当院では常に用いています。

ルーペを通すほうが細かい部分でも患部をはっきりとチェックできます。

矯正治療

画像

実はごく初期の段階であれば、虫歯は痛みません。そのため「気づいたころにはだいぶ進行してしまっていた」というケースもよく見られます。しかしこの機材を用いると、肉眼ではわからない虫歯の兆候も発見できるため、早期発見および早期治療が可能になります。

またこの機材は「すぐ治療を行う必要があるか」「しばらく経過観察をしても問題がないか」といった判定を行う上でも大いに貢献してくれます。

う蝕検知液(カリエスチェック液)

画像

これまでは、虫歯になった部分を確認するときは歯の硬度に頼る方法が一般的でした。もっともこの方法では、正確な範囲を知ることができないという欠点がありました。

しかしご覧のように、虫歯の部分だけを赤く染まった状態にすることができる薬剤が登場しています。当院でもこれを用いて患部を正確に認識し、歯を削る部分を最低限に抑えることに成功しています。

症状が進んだ歯もじゅうぶんにクリーンにするために

画像

虫歯がどんどん進行すると、歯の根まで侵されることになります。歯の根元には根管がありますが、この中から細菌が感染した神経を除去して、クリーンにする必要があります。これが「根管治療」です。

しかし根管は複雑な構造をしており、中を肉眼で見渡すことも簡単ではありません。以前の歯医者では、直感や経験にもとづいた根管治療が主流でしたが、じゅうぶんにクリーンにならずに終わる可能性も残っていました。
その結果、痛みが再発したり、違う病気の原因になったりすることも少なくありませんでした。

幸い、現在では根管の状況を正確に確認できる技術が登場しています。当院でもこれらを導入して、根管を的確にクリーンにできる治療を実施しています。

満足度の高い方法で、詰め物・かぶせ物をするために

虫歯を治療したら必ず、詰め物やかぶせ物をして患部を保護しますが、現在はその種類も増えています。当院ではご希望をよくヒアリングした上で、その内容にぴったりの種類をおすすめしております。

レジン

白いプラスチックでできた素材です。形状が柔軟に変わるため、細部を覆いたい場合に役立ちます。小規模な虫歯の場合はじゅうぶん間に合います。

銀歯

虫歯の広がり方が中規模~大規模な場合によく用います。

このほかにも、現在では、耐久性・機能性・美観etc.に優れた種類が多く登場しています。

  • オールセラミック
  • ハイブリッドセラミック
  • メタルボンドセラミック
  • ジルコニア

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0144-38-6480へ

診療時間
9:30-13:00
15:00-18:30
/
/
/
/
/
/
休診日:木曜、日曜、祝日
最終受付12:30 / 最終受付18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
歯科の外観
フッターオファー
© 佐村歯科医院